2010年01月12日

耐震化率、1年で3.8ポイント増の62.4%―災害拠点病院で厚労省調査(医療介護CBニュース)

 地震発生時に医療の拠点になる災害拠点病院と救命救急センターの耐震化率が2009年8月現在で62.4%で、08年調査より3.8ポイント増えたことが1月5日、厚生労働省のまとめで分かった。厚労省は、災害拠点病院と救命救急センターの耐震化率を10年度までに71.5%にすることを目標にしている。

 調査は各都道府県が全病院を対象に実施し、報告を受けた厚労省が結果を取りまとめた。今回の調査では、08年調査で耐震化していなかったか、回答がなかった病院に対して追加調査を実施。対象は計8799病院で、97.9%に当たる8611病院が回答。対象のうち災害拠点病院と救命救急センターは612病院で、97.7%に当たる598病院から回答を得た。
 調査では国土交通省の基準に基づき、Is値(構造耐震指標)0.6以上を「耐震性がある」と定義し、回答を得た病院のうちすべての建物に耐震性がある病院の割合を耐震化率としている。

 まとめによると、災害拠点病院と救命救急センターの耐震化率は62.4%(08年調査58.6%、以下同)だった。一部の建物に耐震性がある病院が34.3%(37.0%)、すべての建物に耐震性がない病院が1.2%(3.9%)で、耐震性を診断していない病院が2.1%(0.5%)あった。
 また、今回調査では新たに耐震性がない建物について、震度6強の地震で倒壊する危険性が高いとされるIs値0.3未満かどうかを調査。6.0%に当たる36病院 で、Is値0.3未満の建物があった。

 厚労省は災害拠点病院と救命救急センター、2次救急医療機関の耐震化を進めるため、09年度1次補正予算で1222億円を計上し、耐震整備に対する補助を行うための基金を各都道府県に設置している。

■全病院の耐震化率で2倍超の地域差
 一方、全病院の耐震化率は、前回調査より5.4ポイント増え56.2%だった。都道府県別では滋賀(75.0%)、静岡(74.7%)、沖縄(69.7%)の順に高い一方、岡山(36.9%)、京都(40.1%)、福島(43.5%)の順に低く、滋賀と岡山では2倍超の差があった。
 このほか、「一部の建物に耐震性がある」が30.1%(33.1%)、「すべての建物に耐震性がない」が1.1%(12.4%)で、このうちIs値0.3未満の建物があるのは1.9%に当たる164病院だった。これについて長妻昭厚労相は同日の閣議後の記者会見で、実態調査を速やかに行い、必要な対策を検討する考えを示した。




【関連記事】
耐震化基準を満たす病院は半数―厚労省調査
救急病院などの耐震化、国の補助率を引き上げ
45%で耐震診断・改修が必要―都・81年以前築の福祉施設
補正予算執行停止、首相指示以外は141億円―厚労省
四川大地震、支援スタッフが現状を報告

しんじのブログ
留守犬
ショッピング枠現金化
出会いランキング
即日現金化
posted by 太郎とよしこ at 16:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<自民党>参院選に74歳の片山氏擁立 若手の反発は必至(毎日新聞)

 自民党は7日、参院選比例代表に元参院議員の片山虎之助元総務相(74)を擁立する方針を固めた。07年参院選岡山選挙区で落選した片山氏を巡っては、党の「70歳定年制」にかかるため執行部が慎重に検討していた。近く正式決定する。

 片山氏は、当選3回。総務相や党参院幹事長などを歴任した。現在は日本消防協会(会員数約98万人)の会長を務めており、比例代表で一定の得票が見込めると判断した。従来の支持団体が民主党に侵食される中、消防関連の組織を守る狙いもある。自民党は同様に07年に東京選挙区で敗れた保坂三蔵元参院議員(70)も比例代表で既に公認している。ただ、こうした例外措置が続けば、世代交代を求める党内の中堅・若手議員が反発を強めるのは必至だ。【木下訓明】

【関連ニュース】
<特集>参院選予想の顔ぶれ
選挙:参院選 山崎拓氏らベテラン「出たい」 自民執行部、対応に苦慮
再生なるか自民党:/下 進まぬ育成、切れぬ大物
選挙:参院選 「ベテラン落選組」執念 出馬へ山崎拓・保岡氏が直談判
自民党:参院選、懸案抱え越年 「土改連」「片山氏」結論出ず

最近の漁師事情
snadqp3db15の日記ブログ管理ツール
ショッピング枠現金化
即日現金化
債務整理無料相談
posted by 太郎とよしこ at 12:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。