2010年05月18日

普天間、現行案修正で協議継続=米、くい打ち桟橋工法に難色か−実務者協議(時事通信)

 【ワシントン時事】日米両政府は12日、ワシントン近郊の国防総省で、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題に関する外務、防衛当局の審議官級実務者協議を行った。日本側から、現行計画で移設先となっているキャンプ・シュワブ沿岸部のある同県名護市辺野古周辺にくい打ち桟橋方式で代替施設を建設する修正案を説明。今後も協議を続けていくことを確認した。
 ただ、米側は代替施設の条件として、これまで移設先の同意を要求してきた経緯がある。くい打ち桟橋工法については、(1)テロへの対応が必要(2)工期が現行案の埋め立てより長期化する(3)藻場の全滅を招き環境への影響が大きい―などの問題点が日米双方から指摘されており、今回の協議でも米側はこうした点に疑問をぶつけたとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

縁組後に高額保険金 大阪の女性遺棄 養父母ら近く聴取(産経新聞)
首相動静(5月16日)(時事通信)
夕張メロン 今年は小ぶり 出荷始まる(毎日新聞)
「全日空商事」元社員ら、8600万円の詐欺で逮捕 架空業務発注(産経新聞)
ポートアイランド 街開き30周年 住民パワーゼロから文化築く(産経新聞)
posted by 太郎とよしこ at 12:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。