2010年05月29日

暴力団の大相撲観戦問題 「社会的に許容できず、極めて遺憾」 警察庁長官 (産経新聞)

 昨年の大相撲名古屋場所で、山口組弘道会の幹部ら多数が、現役親方が手配した入場券で取り組みを観戦していた問題で、安藤隆春警察庁長官は27日の会見で、「社会的に許容されることではなく、極めて遺憾だ」と厳しく批判した。

 安藤長官はまた、日本相撲協会が昨秋以降、暴力団排除活動に取り組んでいる点にも触れ、「(暴排活動の徹底を)警察としても全面的に支援したい」と述べた。

 一方、中井洽国家公安委員長は「国技の相撲が毅然(きぜん)と暴力団排除をするのは当然だ」と指摘した。

【関連記事】
親方ら「テレビに映る席」注文 暴力団の大相撲観戦問題
相撲案内所が販売か 暴力団観戦 権利者、発券知らず
三保ケ関親方、2親方と暴力団のつながり暴露
あそこで相撲はOK?暴力団員“砂かぶり”こだわるワケ
大相撲界、断ち切れない暴力団との関係

47歳男と娘に逮捕状 千葉・男性刺殺 強盗殺人、放火の疑い(産経新聞)
献血啓発の補助金を不正受給 大阪の2市(産経新聞)
所持金44円の男が焼き肉23点、12時間無銭飲食(スポーツ報知)
「久々に会い不愉快」傷害容疑で少年2人を逮捕 日高(産経新聞)
農水省、口蹄疫拡大で国や県の防疫態勢調査へ(読売新聞)
posted by 太郎とよしこ at 03:08| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。